パネフリ工業の職場環境はどのようなものなのか、先輩社員からのメッセージです。

新しいことにチャレンジしていきたい方には
オススメの職場です!

石津 友幹(営業部)

東京営業所の営業社員として、樹脂製の住宅内装部材の販売を手掛けています。

主にエッジ材と呼ばれている樹脂部材を取り扱っており、建具や家具、キッチンの部材として多数の大手メーカー様より採用されています。具体的には、お客様の要望を受けて製品開発(色柄合わせ・試作・量産)を行ったり、お客様の多種多様な欲求を満たす製品の提案(形状提案・機能提案・デザイン提案)を行ったりしています。

当社はエッジ材メーカーとしては国内トップシェアのメーカーですが、その広い販売ネットワークを活かして様々な業界・顧客へ新しい提案を行っていけるという強みがあります。また、営業のアプローチの方法・アプローチ先は自分で考えて動ける所も魅力の一つです。先輩社員の皆さんも丁寧にアドバイスしてくれるので、すぐに仕事へのやりがいを感じることが出来ます。

これから一緒に働くことになる皆さんにお伝えしたいのは、もうすぐ設立40周年を迎える当社には洗練された技術と開発力があり、既存の製品が磐石であることと、新分野への開拓・製品開発も惜しみなくしているということです。新しいことにチャレンジしていきたい方にはオススメの職場環境です。是非、一緒に頑張りましょう。

技術者としてのSTEP UPを身に感じ、
とてもやりがいのある仕事です!

塚原 功之(製品技術グループ)

私は、現在当社で使用しているエッジ製品の性能のUP及び改善していく仕事をしています。

どのような材料・原料を使用しどんな成形をすればいいのかと日々考えながら仕事をしています。その中で特に苦労をしたのが光沢感のUPです。色々と試行錯誤するなか、失敗の繰り返しで思った物がなかなか出来ない状況が続きましたが、先輩のアドバイスや手助けもあり、その時は何とかお客様の要望に満足する製品を完成することができました。次こそは一人で何とかしてみたいという強い思いを抱き、日々仕事にチャレンジしている毎日です。少しづつですが技術者としてSTEP UPしていることを実感し、この仕事にとてもやりがいを感じています。

日々仕事をしている中で楽しい事だけでなく、辛い事、苦しい事、また大変な思いをする事もありますが、その壁を乗り越えて、人として、また技術者として成長できる環境ですので、是非一緒に成長していきましょう。