【メラミン化粧板をお使いの方へ】木口にメラミンを貼るのはもう古い!? 木口の仕上げには“樹脂エッジ”が最適な6つの理由

メラミン化粧板とは、メラミン樹脂系のプラスチックの板で、厚さは約1mmと薄く合板などに貼り合わせて使用します。メラミン化粧板は非常に硬く、熱やキズにも強いのでテーブルやカウンターの天板・キッチン扉などで多く使用されています。天板の表面材としてよく使われるメラミン化粧板ですが、天板の側面(木口面)の仕上げはどうするかというと、これまでは表面材と同じメラミンを貼り付ける「共貼り」が主流でした。共貼りにすることで、表面材と同じ色柄で仕上げられることや、資材の調達が楽になるなどのメリットがあるためです。しかし一方で、安全面や見た目の面での欠点もあります。

そこで今回は、メラミン共貼りに代わる新たな木口の仕上げ方法として、パネフリの樹脂製木口材をご紹介したいと思います。木口の仕上げをメラミン共貼りにされている方は、ぜひ参考にしてみてください。

樹脂エッジがおすすめの理由①「 安全性 」

非常に硬くて丈夫なメラミンは、熱や傷・汚れに強いというメリットがありますが、硬い素材がゆえにカットした切断面が鋭い切り口となってしまいます。角が鋭利だと家具による怪我や事故のリスクが高まるので非常に危険です。

パネフリの樹脂エッジなら、部材を貼り合わせた後にトリミング(面取り加工)をすることで、貼り合わせた角に丸みを付けることが可能。丸みが付けられることで家具での怪我や事故のリスクが軽減でき、安全性が格段にアップします。パネフリの樹脂エッジなら、見た目は美しく、かつ安心・安全な家具づくりが可能です。よく手が触れる場所だからこそ、安全性の高い部材選びが今求められています。

樹脂エッジがおすすめの理由②「 意匠性 」

樹脂エッジは「安っぽい」「つるっとして見た目が悪い」など、マイナスのイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれません。しかしそれは一昔前の話。現在は、多様なエンボス加工技術により、柄ごとに異なるリアルな木質感や手触りを実現。木材のザラザラした手触りや色あせ・古木の欠けた部分まで、思わず触りたくなるような木材の質感をリアルに表現しました。まるで見た目には本物の木材と区別がつかないほどに、高い意匠性を追求しました。

また、メラミン化粧板を使われたことのある方は、メラミンをカットした時に、断面に黒い線が出現したという経験はありませんか?これはメラミンのコア(中心)部分に黒い含浸紙が使用されているためです。

パネフリの樹脂エッジは、パネフリ工業だからこそできる押出成形技術により、トリミング部分にも木目柄が出るようデザインされています。これにより、トリミングをしても別の色が出ることがなく、表面材と木口材を自然に一体化することが可能。木目・単色・艶消し・鏡面・積層柄・金属調・2色エッジなど、200種類以上の豊富なバリエーションをご用意しております。

樹脂エッジがおすすめの理由③「 施工のしやすさ 」

パネフリの樹脂エッジは貼ってトリミングするだけの簡単施工。手貼りはもちろん、縁貼り機による施工で容易かつ効率的に加工が可能です。製品の厚さは1mmから6mm、色調・意匠・素材感なども幅広いラインナップをご用意。直線貼りはもちろん、曲面貼りも簡単に・かつ綺麗に仕上がります。樹脂製のため「そり」や「ねじれ」などの心配もなく、施工のしやすさに加え、美しい意匠性・耐久性を実現できます。

樹脂エッジがおすすめの理由④「 耐久性・耐水性 」

樹脂エッジは樹脂ならではの適度な弾力性があり、割れ・欠けに強く耐久性に優れているのが特長です。メラミンで起こる割れや欠け、塗装仕上げで起こる塗装の剥がれなど、経年劣化の心配がほとんどないため、長期にわたり美しさを保ちます。傷やへこみがつきにくいので耐摩耗性などの強度が求められる店舗や教育・医療現場などでの使用に最適な素材といえます。

樹脂エッジがおすすめの理由⑤「 自由で斬新な表現が可能 」

厚物木口材「マーブレットS」は単色・木目にとどまらず金属調や積層柄、2層エッジなど、幅広いデザインをご用意しています。天板と木口材の色を合わせて一枚板のように見せることもできれば、あえて天板と違う色を組み合わせてお洒落に装飾することも木口材ならではの楽しみ方。マーブレットSだからこそできる、表面材との自由な組み合わせにより、これまでになかった斬新で表情豊かな造作物を作り出すことができます。クリエイティブな可能性を秘めたマーブレットSで、オリジナリティの高い表現を楽しんでください。

通常であれば別々に仕上げたふたつの天板をひとつに貼り合わせ、さらに成型・塗装・研磨ととても手間のかかる作業が、2層にデザインされたマーブレットSなら通常のメラミン化粧板の木口に貼るだけで、簡単にワンランク上の美しい積層天板が完成します。

人気のアルミ調のマーブレットSは、まるで樹脂とは思えない美しい光沢で、家具の木口をスタイリッシュに彩ります。単調になりがちな白いメラミン天板もアルミカラーがアクセントとなり、洗練された仕上がりに。

樹脂エッジがおすすめの理由⑥「 環境に優しい 」

パネフリの樹脂エッジは全て非塩ビ対応。危険物質を含有していないので、焼却時の環境負荷が低い製品です。人と地球に優しい素材でできているので、安心・安全にお使いいただけます。

まとめ

これまでの木口の仕上げとして主流だったメラミン共貼りにかわる、樹脂エッジ仕上げをご紹介しました。

【樹脂エッジ仕上げがおすすめの理由】
①安全性・・・トリミング面に丸みがつけられるので安全性が格段にアップ
②意匠性・・・特殊加工技術によりリアルな木質感を再現。200種類以上の幅広いラインナップからお選びいただけます
③施工性・・・貼ってトリミングするだけの簡単施工。手貼りも機械貼りもOK
④耐久性・・・割れ欠けに強く、経年劣化がほとんどないため、美しさを長く保ちます
⑤デザインの自由度・・・共貼りや木縁仕上げではできない自由で斬新な家具デザインが可能
⑥環境にやさしい・・・素材は環境に配慮した非塩ビ対応なので安心してお使いいたけます

パネフリ工業の樹脂エッジは40年間以上培った技術とノウハウで、あらゆる木目柄パターンの生産が可能です。お客様独自の木目パターンやお色、特注サイズにも細かな対応が可能ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。